プレイガイド

占領戦

連合軍と枢軸軍に分かれて占領戦専用マップで占領地を奪い合う戦争です。
占領地によっては占領戦終了後に「経験値」や「BP」が上昇するマップがあり、パイロット自身の腕前による戦術だけでなく、仲間との連携や攻守のバランスを考えた戦略が必要となるコンテンツです。
占領戦は毎日22:00から23:00まで開催され、出撃は22:50まで出撃が可能となります。

占領戦の流れ

▼参加方法
定期メンテナンス後に初めてログインすると、
ユーザーが選択した陣営とは別に「占領戦専用の陣営」が選ばれます。
占領戦専用の陣営は定期メンテナンス時に初期化されます。

▼各エリアの移動の仕方
エリアの移動は連合軍、枢軸軍それぞれ決められた戦地に自動で移動してからエリアの移動となります。
例)連合軍がアフリカ戦線からヨーロッパ戦線へ移動するには、アフリカのどの戦地にいても、一旦自動でカイロへ戻り、ヨーロッパのイギリスからスタートします。

エリアを移動するときに必ず通る戦地

▼参加出来るエリアの紹介

アフリカ戦線参加可能レベル : Lv10~40

アフリカ戦線

ヨーロッパ戦線参加可能レベル : Lv41~70

ヨーロッパ戦線

太平洋戦線参加可能レベル : Lv71~120

太平洋戦線

各エリアのルール

占領戦は、多くのマップを攻めたり守ったりして、占領地を拡大させることが目的となります。
各マップは「制空戦争奪」「相互対地戦」「対地攻撃」のルールに沿って勝敗が決定します。

▼優勢地域について

通常は友軍・敵軍共に参加出来る人数は最大17人(敵味方合わせて34人)までとなっています。しかし、友軍の本拠地に近いマップでは通常よりも多くのパイロットが参加可能です。また、逆に敵軍本拠地近くでは、敵軍のパイロットが多く参加することができます。

▼優勢地域外の人数差制限について

友軍・敵軍共に参加出来る人数は最大17人(敵味方合わせて34人)までとなっています。しかし、陣営の参加人数差が5名以上ある場合には出撃ができません。

▼制空戦争奪

画面上部の中央にある制空権を表すゲージを自陣営で全て満たすか、制限時間内に制空権を表すゲージが敵陣営よりも多い状態、又は敵陣営の全パイロットを6回撃墜すれば勝利となります。
制空権を表すゲージは敵機を撃墜することで増加し、味方機が撃墜されると減少します。

▼相互対地戦

1つの戦場に敵・味方の防衛拠点が存在し、敵陣営の防御対象物を先にすべて破壊するか、敵陣営の全パイロットを6回撃墜すれば勝利となります。
また、拠点の近くで管制機のスキル「修理支援」を使用することで回復させる事が出来ます。

▼対地攻撃

侵略側と防衛側に分かれて空戦を行います。
侵略側は敵陣営の防衛対象物を全て破壊するか、敵陣営の全パイロットを6回撃墜すれば勝利となります。
防衛側は制限時間まで防衛対象物の耐久力を維持するか、敵陣営の全パイロットを6回撃墜すれば勝利となります。拠点の近くで管制機のスキル「修理支援」を使用することで回復させる事が出来ます。

占領戦の移動方法

本拠地から自軍が占領している各マップや、占領したマップに隣接した敵軍のマップをクリックして移動します。

▼一般モード
一般モードとは本拠地から連続する自軍が占領したマップや、自軍の占領マップに隣接する敵占領マップに移動する事が出来ます。敵軍の侵攻により途中のマップが敵軍に占領されてしまった場合は、切り離されたマップへ移動する事はできません。

▼強行モード
一般モードと同じ条件で移動しますが、敵軍の侵攻により途中のマップが占領されてしまった場合でも、1マップ分飛び石移動して自軍が占領したマップの防衛、又は隣接する敵占領マップに進行する事ができます。

指揮官について

各エリアに参戦する際に、「指揮官志願」を選択することで、指揮官として参戦する事が出来ます。指揮官は参戦したマップで編隊を自由に組み直す事ができるので、戦闘機、管制機、爆撃機をバランスよく配置できます。